以前の記事で、

「起業するにあたって、どのような理念(志)を抱いていますか?」と題した記事を掲載しました。

そこでは、あなた自身の理念について考えて頂きました。

今日の記事では、理念(志)の次に必要な、「何が強みか」を考えてみましょう。


実際に起業をしてビジネスをするには、どんなビジネスをするのかを決める必要があります。

どんな事をやるのかを決める際に、

「したい事」
「できる事」
「ニーズ」

を考えていく必要があります。


まず、「したい事」ですが以下の3つについて、
どんなビジネスをしたいのかを考えてみましょう。

・誰に
・何を
・なぜ

ここで重要なことは、「どうやって」という方法論は考えない事です。
どうやって、を考えるより前に考えるべき事があるからです。

さらに言いますと、、
「したい事」が、あなたの理念に繋がっていれば
さらに良いですね。


次に、「できる事」ですが以下の4つについて、
既にもっているもの(あなた自身が出来ること)、
不足しているもの(あなた自身が出来ないこと)
に分けて、まとめていきます。

・経験スキル面
・コンテンツ面
・人的リソース面
・その他

ここで重要なのは、不足しているものがあったとしても
それを補うことでビジネスは出来るということです。


3つめに「ニーズ」を考えます。

ニーズとは、世の中で満たされていないことです。
あなたが想定する顧客が、悩んでいること(満たされていないこと)です。
ここは、次回にお伝えしますね。

「したい事」「できる事」「ニーズ」をマッチングする

ここまで「したい事」「できる事」「ニーズ」を
考えていただきましたが、、

あながしたい事
あなたができる事
あなたのサービスによって解決されるニーズ

この3つが、マッチングされるビジネスをやることで、
あなたの「強み」が活かされることになります。


ここで考えた、、
あなたならではの「強み」
あなたはなぜ、そのビジネスをやりたいのか
は、とても重要です。

なぜなら、それが他の人との差別化に繋がるからです。


ここで、自分はそんな強みなんて持っていない
と、思われている方もいるかと思います。
でも、そんな心配はしなくても大丈夫です。

1人で全て出来る人なんて、そうそういませんし、
誰でも経験を積むことで成長していきます。

あなた自身の人生で経験してきたことは
あなたしか経験していない事であり、
それを元に「あなたならではの強み」
作りこんでいけば良いのです。