課題が具体的になってから、ではなく、質問することで具体化する

まずは、質問してみる。
これをお勧めします。

例えば、どうしようかなあ、と思っている時。
そんな時には、何を質問して良いか、はっきりしていないものです。
しかし、だからこそ質問してみようと「入力画面」にログインしちゃいます。
それから具体的に考えましょう。
まあ、質問のタイトルぐらいは決めてからの方が良いと思いますが、それで「まあいいや」とするぐらいなら、ログインしてしまった方が良いと思います。

すると、スイッチが入り始めます。

例えば、セミナーどうしようかなあ、と思っている時。
思い切って、質問してしまいましょう。
執拗にお誘いしたりしませんので、ご安心ください。

例えば、セミナーを受講した後で、気分が盛り上がっている時。
ご注意ください。そのままにしておくと、1日で冷めてしまいます。
すぐに、あなたのいつもの忙しい日常が待っています。
気付きでも、ちょっと分からなかったことでも、質問してしまいましょう。
そうすることで、持続できます。

大切な事は、ちょっとした行動を起こす、ということです。

質問を繰り返していくことで、「明瞭度」が上がる

そうなのです。
あなたの考えをまとめていく道具として活用してください。
質問する、という行動を繰り返すことで、考えがまとまってきます。

ぜひ、ご活用ください。

質問は下記からお願い致します!

芳賀 –> こちらから
伊勢田 –> こちらから

「オンライン相談はこちらから[無料]」のタブをクリックしてください。

すると、この画面です。
オンライン相談
ドリームゲートの会員になる必要がありますが、無料で簡単に登録できます。
経産省の後援で始まった日本最大の起業・経営支援のサイトだけに、役立つ
情報満載です。合わせてご活用ください。

ぜひ、小さな一歩を。
そして、継続してください。

お待ちしております!